Copyright © 2019 Tetsuya Yamamoto All rights reserved.

2019/11

M1の山下裕子さんが、「公益財団法人 康楽会 康楽賞」(優れた学生に授与される賞)を受賞しました!

2019/10

山本が「徳島県科学技術大賞」を受賞しました。

また、寄稿した記事「こころの弱さを可視化する」が「渭水会会報」に掲載されました。

2019/09

M1の山下裕子さんが「表情模倣による情動伝染の生起過程についての検討」というテーマで、日本心理学会第83回大会にてポスター発表を行いました。山本も同会議にて、「臨床心理情報学 ー情報技術を活用した臨床心理学研究法ー」と、「心を可視化・予測する心理情報学的アセスメント技術の開発」というテーマでシンポジウムに登壇し、さらにポスター発表を行いました。

山本が執筆者として関わった書籍「健康心理学辞典」と「認知行動療法辞典」が出版されました。

2019/08

M1の山下裕子さんが「笑顔の知覚は抑うつ気分を緩和する―情動伝染が抑うつ傾向者の気分状態に及ぼす影響―」というテーマで、日本認知・行動療法学会第45回大会にてポスター発表を行いました。山本も同会議にて、「Promise of Clinical Application of Technology: Does it work?」というテーマでシンポジウムに登壇しました。

2019/07

M1の山下裕子さんが「The mechanism and application of emotional contagion: 
The possibility of improvement in depressive moods」というテーマで9th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies@Berlinにてポスター発表を行いました。山本も同会議にて、ポスター発表をおこないました。

山本の論文(Prediction of daily happiness using supervised learning of multimodal lifelog data)が「Revista Psicologia e Saúde」に掲載されました。

山本が第16回日本うつ病学会総会にて、シンポジストとして「生物心理社会モデルに基づくうつ病の病態メカニズム」というテーマで登壇しました。また、同日に学会奨励賞受賞講演とポスター発表を行いました。

2019/06

山本が「徳島大学 第9回総合科学優秀賞」を受賞しました。

また、共著者として関わった論文が「Journal of Functional Foods」に掲載されました。

2019/05

山本が「日本うつ病学会 第14回学会奨励賞」を受賞しました。

また、寄稿した記事「今日からできる健康な脳機能の保ち方」が「いのち輝く」に掲載されました。

 

2019/04

山本が共著者として関わった書籍「The Behavioral, Molecular, Pharmacological, and Clinical Basis of the Sleep-Wake Cycle」が出版されました。

 

2019/03

新たな研究室メンバーが加わりました!(学部生4名(他ゼミからの転属1名)、大学院生1名)

山本が共著者として関わった論文が「Frontiers in Neuroscience」に掲載されました。

また、執筆を担当した「第1回 公認心理師試験問題解説」が出版されました。

 

2019/02

山本が共著者として関わった論文が「Frontiers in Psychology」に掲載されました。

 

2019/01

山本が「公益社団法人 日本心理学会 学術大会特別優秀発表賞」を受賞しました。

2018

2018/12

山本が筆頭著者、共著者として関わった論文がそれぞれ「Frontiers in Psychiatry」と「PNAS」に掲載されました。

認知療法/認知行動療法セミナーにて、「心理臨床実践に活かす神経認知的アプローチとテクノロジー」というテーマでワークショップを開催いたしました。

 

2018/11

山本がAssociation for Behavioral and Cognitive Therapies 52nd Annual Convention@Washington, D.C.にて、「Artificial Intelligence-Based Approaches for Health Behavior Change」というテーマで発表を行いました。

日本認知・行動療法学会第44回大会にて、シンポジストとして「認知行動療法の実践に寄与する科学技術の応用方法」というタイトルで発表しました。

 

2018/10

山本が「SCI-Tech Festival Tokushima University 2018優秀賞」を受賞しました。

翻訳を担当した「カウンセリングにおけるアセスメントの原理と適用 第4版」が出版されました。

関西医科大学にて、「Behavioral Intervention Technologies Enhance Psychological Assessments and Clinical Interventions」というタイトルで講演を行いました。

 

2018/10/01

臨床心理情報学研究室がスタートしました(他ゼミから、修士1年生1名が転属)。

Here we go CAT Lab!

News