Publications

 
研究論文
● The retinoid X receptor: A nuclear receptor that modulates the sleep-wake cycle in rats 
Eric Murillo-Rodríguez, Diana Millán-Aldaco, Gloria Arankowsky-Sandoval, Tetsuya Yamamoto, Luis Cid, Diogo Monteiro, Nuno Barbosa Rocha, Diogo Telles-Correia, Diogo S. Teixeira, André Barciela Veras, Henning Budde, Sérgio Machado, Claudio Imperatori and Pablo Torterolo
Psychopharmacology    accepted    2020年
● Exergames for Children and Adolescents with Autism Spectrum Disorder: An Overview 
João Lucas Lima, Glaciane Axt, Diogo S. Teixeira, Diogo Monteiro, Luis Cid, Tetsuya Yamamoto, Eric Murillo-Rodriguez and Sergio Machado
Clinical Practice & Epidemiology in Mental Health    accepted    2020年
 
● The Endocannabinoid System May Modulate Sleep Disorders In Aging
Eric Murillo-Rodríguez, Henning Budde, André Barciela Veras, Nuno Barbosa Rocha, Diogo Telles-Correia, Diogo Monteiro, Luis Cid, Tetsuya Yamamoto et al.
Current Neuropharmacology   accepted    2019年
 
 
● Prediction of daily happiness using supervised learning of multimodal lifelog data
Yamamoto T, Yoshimoto J, Murillo-Rodriguez E, Machado S.
Revista Psicologia e Saúde   accepted    2019年7月
 
 
● Blueberry intake included in hypocaloric diet decreases weight, glucose, cholesterol, triglycerides and adenosine levels in obese subjects
María Fernand Higuera-Hernández, Elena Reyes-Cuapio, Marissa Gutiérrez-Mendoza, Henning Budde, Carlos Blanco-Centurión, André Barciela Veras, Nuno Barbosa Rocha, TetsuyaYamamoto et al.
Journal of Functional Foods   60 103409   2019年6月
 
 
● Sleep and Neurochemical Modulation by DZNep and GSK-J1: Potential Link With Histone Methylation Status
Eric Murillo-Rodriguez, Gloria Arankowsky-Sandoval, Jorge Aparecido Barros, Nuno Barbosa Rocha, Tetsuya Yamamoto et al.
Frontiers in Neuroscience   13:237    2019年3月   
 
 
● Physical Exercise and Geriatric Depression: An Opinion
Sergio Machado, Diogo Monteiro, João Moutão, Eric Murillo-Rodriguez, André Barciela Veras, Tetsuya Yamamoto, Luis Cid
Revista Psicologia e Saúde   accepted    2019年   
 
 
● Attachment dimensions and spatial navigation in female college students: the role of comfort with closeness and confidence in others
Rocha NB, Lemos A, Campos C, Rocha S, Yamamoto T, Machado S, Murillo-Rodríguez E
Frontiers in Psychology   10:235    2019年2月   
 
 
● Altered gamma-band activity as a potential biomarker for the recurrence of major depressive disorder
Yamamoto T, Sugaya N, Siegle GJ, Kumano H, Shimada H, Machado S, Murillo-Rodríguez E, Rocha NB, Nardi AE, Takamura M, Okamoto Y, Yamawaki S
Frontiers in Psychiatry   9:691    2018年12月   
 
 
● Increasing the exercise effect on mental health: Exercise intensity does matter
Gronwald, T., Velasques, B., Ribeiro, P., Machado, S., Murillo-Rodríguez, E., Ludyga, S., Yamamoto, T., Budde, H.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(51) 11890-11891   2018年12月   
 
 
● 神経認知療法ー神経科学は認知行動療法を増強するー
山本哲也
認知療法研究 11(1) 13-22 2018年3月
 
 
● 臨床応用を学ぶー神経認知療法・神経行動療法
山本哲也
臨床心理学 18(1) 45-47 2018年1月
 
 
● 中高生の居場所感・自己肯定感・生活満足度に影響を与える要因の検討ーとくしまの青少年に関する意識調査よりー
田島 大暉・松田 智大・吉田玲於奈・古川 華江・山本 哲也        古川 洋和・佐藤 健二・嶋田 洋徳・境  泉洋
徳島大学総合科学部 人間社会文化研究 25 17-22 2017年12月
 
 
● ニューロイメージングを用いたうつ病の可視化と神経行動的介入方法の有用性
山本哲也
脳循環代謝 28(2) 291-295 2017年8月
 
 
● Patients with major depressive disorder exhibit reduced reward size coding in the striatum.
Takamura M, Okamoto Y, Okada G, Toki S, Yamamoto T, Ichikawa N, Mori A, Minagawa H, Takaishi Y, Fujii Y, Kaichi Y, Akiyama Y, Awai K, Yamawaki S
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry 79 317-323 2017年7月
 
 
● 心理学は人間科学の未来を形作る
山本哲也
理論心理学研究 18(1)  38-39 2017年3月
 
 
● Increased amygdala reactivity following early life stress: a potential resilience enhancer role.
Yamamoto T, Toki S, Siegle GJ, Takamura M, Takaishi Y, Yoshimura S, Okada G, Matsumoto T, Nakao T, Muranaka H, Kaseda Y, Murakami T, Okamoto Y, Yamawaki S
BMC psychiatry 17:27 1-11 2017年1月
 
 
● Disrupted Brain Activation and Deactivation Pattern during Semantic Verbal Fluency Task in Patients with Major Depression.
Takamura M, Okamoto Y, Okada G, Toki S, Yamamoto T, Yamamoto O, Jitsuiki H, Yokota N, Tamura T, Kurata A, Kaichi Y, Akiyama Y, Awai K, Yamawaki S
Neuropsychobiology 74(2) 69-77 2016年11月
 
 
● Multiple co-clustering based on nonparametric mixture models with heterogeneous marginal distributions
Tomoki Tokuda, Junichiro Yoshimoto, Yu Shimizu, Shigeru Toki, Go Okada, Masahiro Takamura, Tetsuya Yamamoto, Shinpei Yoshimura, Yasumasa Okamoto, Shigeto Yamawaki, and Kenji Doya
arXiv  eprint arXiv:1510.06138 2015年10月
 
 
● Executive Function Impairments in Patients with Depression: A Systematic Review.
Alves MR, Yamamoto T, Arias-Carrión O, Nardi AE, Machado S, Silva AC
CNS & neurological disorders drug targets 13(6) 1026-1040 2014年9月
 
 
● 心理学に活かす生物学的アプローチの基礎と応用
山本哲也・佐藤寛・串崎真志
関西大学心理学研究 (5) 51-56 2014年
 
 
● 反復性の大うつ病エピソード経験者が示す認知的反応性の特異性
山本哲也・山野美樹・嶋田洋徳・市川健・仲谷誠
心理学研究 85(1) 29-39 2014年
 
 
● Cognitive Dysfunctions after Recovery from Major Depressive Episodes
Yamamoto T, Shimada H
Applied Neuropsychology 19 183-191(DOI:10.1080/0908428) 2012年
 
 
● 性加害行為に対する認知行動療法の心理社会的要因が再犯防止効果に及ぼす影響―メタ分析を用いた検討―
野村和孝・山本哲也・林響子・津村秀樹・嶋田洋徳
行動療法研究 37(3) 143-155 2011年9月
 
 
● 認知機能障害に焦点を当てた心理学的介入方法がうつ病の再発予防に及ぼす効果に関する展望
山本哲也・山野美樹・田上明日香・市川健・河田真理・津曲志帆・嶋田洋徳
行動療法研究 37(1) 33-45 2011年1月
 
 
● ネガティブな感情喚起場面における笑顔の表出がネガティブ感情の緩和に及ぼす効果
山本哲也・杉森伸吉・嶋田洋徳
早稲田大学臨床心理学研究 9(1) 159-166 2010年3月
 
 
● 臨床心理学研究における研究倫理に関する最近の動向
嶋田洋徳・野村和孝・山本哲也・津村秀樹
早稲田大学臨床心理学研究 9(1) 207-211 2010年3月
 
 
● 自己注目時のネガティブな認知的処理に及ぼす笑顔の効果
山本 哲也, 杉森 伸吉, 嶋田 洋徳
心理学研究 81(1) 17-25 2010年
 
 
● 教育現場での学校不適応に対する心理臨床的予防を目指した介入研究の展望
五十川ちよみ・丹羽奈緒・藤本志乃・木村泰博・高橋亜依・山口真実・山本哲也・高橋 史・小関俊祐・嶋田洋徳
早稲田大学臨床心理学研究 7(1) 143-155 2008年3月
講演・ワークショップ                     Top
 
● Mental Health-Focused Behavioral Intervention Technologies for Education 
Tetsuya Yamamoto, Yuko Yamashita
Workshop on Learning Science: Toward Advanced Learning Support Platform in Society 5.0 Era 2020年2月27日
 
● 心を可視化・予測する心理情報学的アセスメント技術の開発
山本哲也
日本心理学会第83回大会,大会公募シンポジウム「心理学から心理科学へ」   2019年9月12日   
 
● 臨床心理情報学 ー情報技術を活用した臨床心理学研究法ー
山本哲也
日本心理学会第83回大会,大会公募シンポジウム「基礎と臨床をつなぐ」   2019年9月11日
  
● Promise of Clinical Application of Technology: Does it work?
山本哲也
日本認知・行動療法学会第45回大会,自主企画シンポジウム「スマートフォンを活用したわが国のメンタルヘルスケアサービスの現状と課題」   2019年8月31日  
 
● よりよく生きるための心理学と脳科学
山本哲也
徳島大学オープンキャンパス 2019年8月8日
 
● 機械学習と生物心理社会的情報を活用した健康増進技術の開発
山本哲也
徳島大学病院精神科神経科勉強会   2019年7月24日   
● 生物心理社会モデルに基づくうつ病の病態メカニズム 
山本哲也
第16回うつ病学会総会 シンポジウム1『うつ病の心理的ケアー精神医学,心理学,宗教学の協働を考えるー』   2019年7月5日
 
● 個人に最適化されたうつ病再発兆候の早期発見技術の開発 ー心理・社会・生物学的データに対する機械学習法の適用 ー 
山本哲也
第16回うつ病学会総会 学会奨励賞受賞講演   2019年7月5日   
 
● 心理臨床実践に活かす神経認知的アプローチとテクノロジー
山本哲也
認知療法/認知行動療法セミナー   2018年12月2日   
 
● Behavioral Intervention Technologies Enhance Psychological Assessments and Clinical Interventions り]
山本哲也
関西医科大学大学院講座   2018年11月27日   
 
● 認知行動療法の実践に寄与する科学技術の応用方法 
山本哲也
日本認知・行動療法学会第44回大会,自主企画シンポジウム「メンタルヘルス領域への科学技術の応用」  2018年10月28日  
 
● 科学技術を心理臨床実践に活用する
山本哲也
日本心理学会第82回大会公募シンポジウム「明日から使える研究知見・ 技術の臨床応用方法」  2018年9月27日  
 
● 心の健康と脳科学
山本哲也
徳島県立阿南支援学校人権教育研修会  2018年7月11日  
 
● 心理学研究におけるビッグデータの活用方法
山本哲也
日本健康心理学会第31回大会,日本健康心理学会研究推進委員会企画シンポジウム  2018年6月23日  
 
● 神経科学から見た新たな健康アセスメントとその評価
山本哲也
日本健康心理学会第31回大会,日本健康心理学会記念出版委員会企画シンポジウム  2018年6月23日  
 
● 「こころの健康」の脳科学-精神疾患の理解とサポートに役立つ学際的アプローチ-
山本哲也
徳島大学総合科学部 公開セミナー 人文知・社会知への誘い  2018年1月26日  
 
● 科学技術は認知行動療法を拡張する
山本哲也
日本認知・行動療法学会第43回大会,小講演  2017年9月30日  
 
● 認知神経科学に基づく精神疾患の脳病態解明と介入方法の創出
山本哲也
日本心理学会第81回大会公募シンポジウム「記憶心理学と臨床心理学のコラボレーション(7):臨床的問題の記憶心理学的理解と介入に向けて」  2017年9月21日  
 
● メンタルヘルスの理解と保持増進に寄与する脳科学
山本哲也
日本健康心理学会第30回記念大会,研究推進委員会企画講演  2017年9月2日  
 
● よりよく生きるための心理学 —「こころ」を理解するための学際的アプローチ—
徳島県立脇町高等学校  「SW-ingカレッジ」出張講義  2017年8月24日
 
● メンタルヘルス対策に役立つ脳科学研究
山本哲也
早稲田大学人間総合研究センター・シンポジウム,基調講演  2017年7月9日  
 
● 日々の心理臨床実践に活かす神経認知的アプローチ
山本哲也
徳島県臨床心理研修会,講師  2017年2月11日  
 
● ニューロイメージングを用いたうつ病の可視化と神経行動的介入方法の有用性
山本哲也
第59回日本脳循環代謝学会学術集会,大会企画シンポジウム  2016年11月11日  
 
●  認知行動療法における神経科学的知見の応用可能性
山本哲也
日本認知・行動療法学会第42回大会,大会企画シンポジウム  2016年10月9日  
 
●  Recent advances in understanding depression: multimodality approaches from the perspective of neuroimaging, epigenetics and machine learning
Tetsuya Yamamoto
31st International Congress of Psychology, Contributed Symposium  2016年7月28日  
 
●  Technology-Based Psychological Assessments and Clinical Interventions
山本哲也
徳島大学病院精神科神経科勉強会  2016年6月15日  
 
●  認知行動療法における新たな方法論の開発
山本哲也
同志社大学心理学研究科講演会  2016年5月24日  
 
●  A Multimodality Approach to Psychology
山本哲也
奈良先端科学技術大学院大学ゼミナールI  2016年5月16日  
 
●  Technology-Based Psychological Assessments and Clinical Interventions in Pittsburgh
山本哲也
第103回徳島認知・行動療法研究会  2016年2月23日  
 
●  Bridge over Interdisciplinary Study
Tetsuya Yamamoto
関西大学心理学研究科講演会(国際ジョイントシンポジウム)『Current Topics in Psychology』  2015年12月19日  
 
●  心理学は人間科学の未来を形作る
山本哲也
日本理論心理学会第61回大会,大会企画公開シンポジウム  2015年11月14日  
 
●  Effects of meditation on  a vulnerability to depression
Tetsuya Yamamoto
Program in Cognitive Affective Neuroscience Meeting  2015年5月13日  
 
●  Altered functional connectivity  related to depresision relapse
Tetsuya Yamamoto
Program in Cognitive Affective Neuroscience Meeting  2014年12月8日  
 
●  Multimodality and Machine Learning
Tetsuya Yamamoto
Program in Cognitive Affective Neuroscience Meeting  2014年5月2日  
 
●  心理学に活かす生物学的アプローチの基礎と応用
山本哲也
関西大学大学院心理学研究科講演会  2013年12月7日  
 
●  抑うつにおける認知的脆弱性の可視化
山本哲也
日本心理学会第77回大会公募シンポジウム「抑うつを可視化する心理学的マルチモーダルアプローチ」  2013年9月21日  
 
●  抑うつにおける記憶の病態の統合的理解
山本哲也
日本心理学会第77回大会公募シンポジウム「記憶心理学と臨床心理学のコラボレーション」  2013年9月19日  
 
●  Integrated understanding of memory dysfunctions in depression
山本哲也
The 4th Asian Cognitive Behavior Therapy (CBT) Conference, "Depression & Memory : For the CBT Based on Psychology", 2013 Tokyo  2013年8月23日  
 
●  抑うつの脆弱性を可視化するマルチモーダルアプローチ
山本哲也
早稲田大学応用脳科学研究所シンポジウム2013「応用脳科学研究の現在」  2013年2月28日  
 
● 基礎心理学の臨床的ふだん使いⅤ
山本哲也
日本心理臨床学会第31回秋季大会 自主シンポジウム  2012年9月  
 
● 抑うつの認知モデル:ミクロな研究でマクロを語る
山本哲也
日本心理学会第76回大会 ワークショップ  2012年9月  
 
● 認知神経科学的観点に基づくうつ病再発の脆弱性メカニズムの統合的理解
山本哲也
日本心理学会第76回大会 小講演  2012年9月  
 
● 認知機能に焦点をあてた臨床心理学的介入方法の展望
山本哲也
第33回広島認知行動療法研究会 特別講演  2012年5月  
 
● うつ病の再発をもたらす脆弱性の相互作用的生起メカニズム
山本哲也
抑制開示研究会2012年春・東京大会 レクチャー  2012年3月  
 
● 記憶心理学と臨床心理学のコラボレーションに向けて(3)うつと記憶をめぐる諸問題
山本哲也
日本心理学会第75回大会 ワークショップ  2011年9月  
 
● うつ病寛解者における認知機能障害 ―基礎的知見と臨床実践からの展望―
山本哲也
日本心理学会第75回大会 ワークショップ  2011年9月  
 
書籍等出版物・執筆物                             Top
こころの弱さを可視化する
山本哲也
渭水会会報, 48,16, 2019年10月
● 認知行動療法事典
山本哲也 (担当:分担執筆, 範囲:第1章-12 ストレスー脆弱性仮説、第2章-14 バイオフィードバックの基礎研究)
丸善出版, 2019年9月
● 健康心理学事典
山本哲也 (担当:分担執筆, 範囲:第13章-5 展望研究、第13章-15 司法・メディアなど社会的発信の職業倫理)
丸善出版, 2019年9月  
 
● 今日からできる健康な脳機能の保ち方
山本哲也
いのち輝く. (公財)とくしま”あい”ランド推進協議会. 91, 6-9, 2019年5月
 
● 8. Sleep Disorders and Genes
Eric Murillo-Rodriguez, Tetsuya Yamamoto et al.
The Behavioral, Molecular, Pharmacological, and Clinical Basis of the Sleep-Wake Cycle. Academic Press. 143-158, 2019年3月
 
● 条件づけ,認知心理学,心理物理学実験の測定方法
山本哲也
第1回 公認心理師試験問題解説. 学研プラス, 2019年3月
 
● 第16章 科学技術の適用と将来の動向
山本哲也
カウンセリングにおけるアセスメントの原理と適用 第4版. 金子書房. 395-416, 2018年10月
● 第8章 強迫症(Obsessive-Compulsive Disorder)、第10章 抑うつ(Depression)
山本哲也
集団認知行動療法の理論と実践. 金子書房. 192-232, 262-290, 2018年8月
 
● 認知療法の神経科学的基盤:作用機序の生物学的理解
山本哲也
認知療法NEWS, 73, 3-5, 2018年8月
● 脳科学はメンタルヘルスの理解と保持増進に寄与する
山本哲也
ヘルスサイコロジスト, 73, 1, 2017年7月
 
● 「一般社団法人 日本認知・行動療法学会」の活動報告
山本哲也
精神医学, 59(7), 687, 2017年7月
 
● Walking in the City of Bridges
山本哲也
心理学ワールド, 77, 38, 2017年4月
 
● そうだ 研究留学,行こう
山本哲也
徳島大学臨床心理相談室年報, 8, 2-3, 2017年2月
● 第9章 認知行動療法-エビデンスにもとづくアプローチ 
山本哲也
絶対役立つ臨床心理学. ミネルヴァ書房. 149-162, 2016年9月
 
● 第4章 マインドフルネスとストレス脆弱性
山本哲也
マインドフルネス-基礎と実践-.日本評論社. 51-63, 2016年1月
 
● 第7章 抑うつにおける記憶の病態
山本哲也
記憶心理学と臨床心理学のコラボレーション. 北大路書房. 117-134, 2015年11月
 
国際学会・研究会発表                              Top
● The mechanism and application of emotional contagion: The possibility of improvement in depressive moods
Yamashita, Y., Sakai, M., Satake, M., Sato, Y., Yamamoto, T.
9th World Congress of Behavioural & Cognitive Therapies, Berlin, Poster Abstracts.      2019年7月
● A personalized approach to health using machine learning techniques of multimodal lifelog data
Yamamoto, T. & Yoshimoto, J.
9th World Congress of Behavioural & Cognitive Therapies, Berlin, Poster Abstracts.      2019年7月
● Artificial Intelligence-Based Approaches for Health Behavior Change
Yamamoto, T. & Yoshimoto, J.
Association for Behavioral and Cognitive Therapies 52nd Annual Convention, Washington, D.C.  2018年11月
 
● Child sexual abuse modulates amygdala reactivity during recall of a sad memory
Yamamoto, T., Okamoto, Y., Toki, S., Takamura, M., Takaishi, Y., Yoshimura, S., Okada, G., Matsumoto, T., Nakao, T., Munakata, H., Kaseda, Y., Murakami, T., Siegle, G.J., & Yamawaki, S.
20th anniversary of the Center for Neural Basis of Cognition  2014年10月
 
● Neural correlates of antidepressant response to escitalopram in patients with major depressive disorder: A preliminary fMRI study.
Takamura M., Okamoto Y., Okada G., Toki S., Yamamoto T., Matsumoto T., Yamawaki S.
29th CINP World Congress of Neuropsychopharmacology  2014年6月
 
● Data-dimension reduction using multiple Gaussian clustering: Application to resting state fMRI
Tokuda, T.,  Yoshimoto, J., Shimizu, Y., Toki, S., Takamura, M., Yamamoto, T., Yoshimura, S., Okamoto, Y., Yamawaki, S., & Doya K.
NIPS Workshop 2013, Machine Learning for Clinical Data Analysis and Healthcare  1-4 2013年12月
 
● Attenuated brain activation in major depressive patients during two types of verbal  fluency tasks
Takamura, M., Okamoto, Y., Toki, S., Yamamoto, T., Takaishi, Y., Yoshimura, S., Nakao, T., &  Yamawaki, S.
NEURO 2013  373 2013年6月
 
● The traumatic events in childhood and adolescence modulate the BOLD response underlying the induced depressive mood
Yamamoto, T., Toki, S., Takamura, M., Takaishi, Y., Yoshimura, S., Nakao, T., Okamoto, Y., & Yamawaki, S.
NEURO 2013  374 2013年6月
 
● A cognitive neuroscience integrated approach to understanding relapse/recurrence of depression
Yamamoto, T., Sugaya, N., Shimada, H., Kumano, H., Okamoto, Y., & Yamawaki, S.
121st APA Annual Convention Abstracts, The Clinical Neuropsychologist  9 2013年6月
 
● The association between resting state networks and individual differences in personality traits
Toki, S., Okamoto, Y., Takamura, M., Kunisato, Y., Yamamoto, T., Nakao, T., Onoda, K., Yoshimura, S., Okada, G., & Yamawaki, S.
28th CINP Congress, Stockholm, Sweden, Poster  2012年6月
 
● The influence of induced worry on episodic buffer capacity.
Tamada, A., Yamamoto, T., Tsubaki, A., & Shimada, H.
3rd Asian Cognitive Behavioral Therapy Conference, Seoul, Poster Abstracts.  80 2011年7月
 
● Characteristics of Cognitive Functions after Recovery from Major Depressive Episodes .
Yamamoto, T. & Shimada, H.
3rd Asian Cognitive Behavioral Therapy Conference, Seoul, Poster Abstracts.  91 2011年7月
 
● The Effects of Memory Retrieval Training in College Students on Memory Retrieval Processes and Depression.
Yamamoto, T., Sato, T., Mori, Y., & Shimada, H.
6th World Congress of Behavioural & Cognitive Therapies, Boston, Poster Abstracts.  113 2010年6月
 
● The effect of perceived social support on school adjustment in children with reactive-inexpressive aggressiveness; from the perspective of the social skill's mediation model.
Hayashi, K., Yamamoto, T., Sumi, S., Watanabe, S., & Shimada, H.
6th World Congress of Behavioural & Cognitive Therapies, Boston, Poster Abstracts.  102 2010年6月
 
● Differences and similarities between post-event processing, rumination and worry in a non-clinical population.
Igarashi, Y., Yamamoto,T., & Shimada, H.
6th World Congress of Behavioural & Cognitive Therapies, Boston, Poster Abstracts.  94 2010年6月
 
● Effects of rumination on tendencies of depressive disorders and anxiety disorders in children.
Yamamoto,T., Igarashi, Y., Fujimoto, S., & Shimada, H.
10th International Congress of Behavioral Medicine,Tokyo, Poster Abstract.  90 2008年8月
 
● Differences and similarities between rumination and post-event processing in a non-clinical population.
Igarashi, Y., Yamamoto,T., & Shimada, H.
10th International Congress of Behavioral Medicine,Tokyo, Poster Abstract.  125 2008年8月
 
● Rumination effects on chiidren's performance of social skills.
Fujimoto, S., Yamamoto,T., Igarashi, Y., & Shimada, H.
10th International Congress of Behavioral Medicine,Tokyo, Poster Abstract.  122 2008年8月
 
● The relation between the rumination on positive and negative events and the depression in children.
Sumi, S., Nozoe, K., Tannno, M., Himeno, Y., Kimura, Y., Igarashi, Y., Yamamoto,T., & Shimada, H.
10th International Congress of Behavioral Medicine,Tokyo, Poster Abstract.  121 2008年8月
 
● Effects of smiling on modification and prevention of negative emotion and thoughts.
Yamamoto,T., & Sugimori, S.
5th World Congress of Behavioural & Cognitive Therapies, Barcelona, Poster Abstracts.  16 2007年7月
 
国内学会・研究会発表                              Top
● 表情模倣による情動伝染の生起過程についての検討
山下裕子,境 泉洋,佐竹昌之,佐藤 裕,山本哲也
日本心理学会第83回大会発表論文集      2019年9月
 
● ネガティブ気分を生成する心的動態を可視化する ーネットワーク解析とデバイスを活用した心理情報学的アセスメント技術の開発ー
山本哲也,吉本潤一郎
日本心理学会第83回大会発表論文集      2019年9月
 
● 笑顔の知覚は抑うつ気分を緩和する―情動伝染が抑うつ傾向者の気分状態に及ぼす影響―
山下裕子,境 泉洋,佐竹昌之,佐藤 裕,山本哲也
日本認知・行動療法学会第45回大会発表論文集   225-226   2019年8月
 
● 心を可視化・予測・制御する心理情報学的アプローチ
山本哲也
感情と思考の科学研究会第13回大会      2019年8月
 
● 個人に最適化されたうつ病再発兆候の早期発見技術の開発 ー心理・社会・生物学的データに対する機械学習法の適用 ー
山本哲也
第16回うつ病学会総会      2019年7月
 

● 幸せになるために今日できることー幸福感を予測する人工知能技術ー
山本哲也, 吉本潤一郎
日本心理学会第82回大会発表論文集  2018年9月
 
● fMRIと機械学習の活用によるうつ病の罹患経験の可視化
山本哲也, Greg Siegle, 吉本潤一郎
第15回うつ病学会総会   2018年7月
 
● 機械学習を活用したライフスタイルの可視化と制御
山本哲也
感情と思考の科学研究会第10回大会  2018年3月
 
● 人工知能とライフログの活用はライフスタイルを可視化する
山本哲也, 吉本潤一郎
日本心理学会第81回大会発表論文集  377 2017年9月
 
● 人工知能とライフログを活用したQOL向上のための行動変容法
山本哲也,吉本潤一郎
日本健康心理学会第30回記念大会発表論文集  126 2017年9月
 
● ライフログアプリが適応的な思考・行動パターンの形成に及ぼす効果ー 活動記録が適応行動の維持・形成に奏功した1例 ー
山本哲也
感情と思考の科学研究会第8回大会  2017年3月
 
● とくしまの青少年に関する意識調査 (2) ―生徒,学生の家庭における経験が家庭での居場所感に与える影響―
田島大暉,吉田玲於奈,松田智大,古川華江,山本哲也,古川洋和,佐藤健二,嶋田洋徳,境泉洋
日本行動療法学会第42回大会発表論文集  482-483 2016年10月
 
● とくしまの青少年に関する意識調査 (1) ―自己肯定感と生活満足度に影響を与える要因の探索的研究―
松田智大,田島大暉,吉田玲於奈,古川華江,山本哲也,古川洋和,佐藤健二,嶋田洋徳,境泉洋
とくしまの青少年に関する意識調査 (1) ―自己肯定感と生活満足度に影響を与える要因の探索的研究―  480-481 2016年10月
 
● 日常臨床におけるさまざまなフィードバック法を用いた行動変容
山本哲也
感情と思考の科学研究会第7回大会  2016年8月
 
● Technology-Based Psychological Assessments and Interventions
山本哲也
感情と思考の科学研究会第6回大会  2016年3月
 
● Big Five personality, BIS and BAS as predictors for escitalopram response in patients with major depression.
Toki S., Okamoto, Y., Takamura M., Yamamoto, T., Okada G., Kobayakawa M., Machino A., Yamawaki S.
第25回日本臨床精神神経薬理学会年会  2015年10月
 
● 幼少期ストレス経験者における抑うつ防御因子としての扁桃体活動
山本哲也,Greg J. Siegle,高村真広,岡田剛,岡本泰昌,山脇成人
日本心理学会第79回大会発表論文集  402 2015年9月
 
● γ波に見られる選択的注意とコントロール不可能性を有する心配との関連性に関する検討
玉田絢香・山本哲也・嶋田洋徳
日本心理学会第77回大会大会発表論文集  426 2013年9月
 
● 持続的な不眠症状と入眠時の認知活動がネガティブな自動思考および抑うつ気分に及ぼす影響
千先 純・山本哲也・久保絢子・野村和孝・嶋田洋徳
日本心理学会第77回大会発表論文集  291 2013年9月
 
● 児童期青年期のトラウマ体験は抑うつの脆弱性となる神経基盤を形成する
山本 哲也・土岐 茂・高村 真広・高石 佳幸・吉村 晋平・中尾  敬・岡本 泰昌・山脇 成人
第10回日本うつ病学会総会プログラム・抄録集  176 2013年7月
 
● 幼少期トラウマ体験が抑うつ気分誘導時の脳活動に及ぼす影響
山本哲也 ・土岐 茂 ・ 高村真広 ・ 高石佳幸・ 吉村晋平 ・ 中尾  敬 ・ 岡本泰昌 ・ 山脇成人
第45回広島神経医科学研究会  2 2013年1月
 
● うつ病の再発にかかわる認知的脆弱性の神経生理学的基盤の検討
山本哲也・菅谷 渚・嶋田洋徳・熊野宏昭・岡本泰昌・山脇成人
「青春脳」若手・女性研究者向け夏合宿  2012年7月
 
● うつ病の再発をもたらす認知的脆弱性の病態メカニズムに関する認知神経科学的検討
山本哲也・菅谷 渚・嶋田洋徳・熊野宏昭
第9回日本うつ病学会総会プログラム・抄録集  194 2012年7月
 
● うつ病再発因子の認知的脆弱性にかかわる脳病態の検討
山本哲也・菅谷 渚・嶋田洋徳・熊野宏昭・岡本泰昌・山脇成人
平成24年度包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 脳と心のメカニズム第13回夏のワークショップ  2012年7月
 
● ストレスマネジメント教育における学級集団行動アセスメントが児童のメンタルヘルスに及ぼす効果
水野智恵子・石垣久美子・山本哲也・嶋田洋徳
日本教育心理学会第53回総会発表論文集,  458 2011年7月
 
● 心配がワーキングメモリのサブシステムに及ぼす影響.
玉田絢香,山本哲也,椿 明日香,嶋田洋徳
日本行動療法学会第37回大会発表論文集,   264-265 2011年11月
 
● 抑うつの認知バイアスにおける時系列的な認知処理過程の探索的検討.
山本哲也, 菅谷 渚, 嶋田洋徳, 熊野宏昭
日本心理学会第75回大会,2EV007,  317 2011年9月
 
● 認知神経科学的観点に基づくうつ病再発の脆弱性メカニズムの統合的理解
山本哲也
第14回精神神経内分泌免疫学研究集会 研究発表   2011年7月   
 
● 大うつ病エピソードの経験が認知機能に及ぼす影響
山本哲也
第117回日本心身医学会関東地方会 研究発表   2010年10月   
 
● 記憶の検索過程への介入が概括的な記憶の想起に及ぼす影響
山本哲也, 嶋田洋徳
第7回日本うつ病学会総会発表抄録集,P2-8,  133 2010年
 
● 記憶の検索訓練がもたらす抑うつ低減効果の促進要因の検討.
山本哲也, 嶋田洋徳
日本心理学会第74回大会, 1AM079,  287 2010年
 
● 大うつ病エピソード経験者における認知機能の特徴―認知機能とストレッサーの相互作用が抑うつ症状に及ぼす影響―.  
山本哲也, 嶋田洋徳
日本行動療法学会第36回大会発表論文集,  438-439 2010年
 
● 性加害行為経験者の再犯防止を目的とした認知行動療法の最近の動向 −メタ分析を用いた検討−, 
嶋田洋徳, 野村和孝, 山本哲也, 津村秀樹, 林響子
日本行動療法学会第36回大会発表論文集,  336-337 2010年
 
● 大学生における記憶情報の検索訓練が記憶の検索過程に及ぼす効果.
山本哲也, 嶋田洋徳
日本心理学会第73回大会発表論文集, 1PM066,  339 2009年8月
 
● 大学生における記憶情報の検索訓練が抑うつ生起に及ぼす抑制効果.
山本哲也, 嶋田洋徳
日本行動療法学会第35回大会発表論文集,   530-531 2009年
 
● 知覚されたソーシャルサポートが反応的不表出性攻撃児の学校適応感に及ぼす影響,
林響子,山本哲也,角沙織,嶋田洋徳
日本行動療法学会第35回大会発表論文集,   354-355 2009年
 
● 被開示行動に対するオープナーの認知がストレス反応に及ぼす影響,
石垣久美子,山本哲也,青木ゆりあ,嶋田洋徳
日本行動療法学会第35回大会発表論文集,   410-411 2009年
 
● post-event processingの思考様式における特徴,
五十嵐友里,山本哲也,嶋田洋徳
日本行動療法学会第35回大会発表論文集,   570-571 2009年
 
● 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善(6) ―プログラム終了後の長期的効果の検討―  
市倉加奈子,松岡志帆,武井優子,橋本 塁,山本哲也,今井千鶴子,田上明日香,森本浩志,能野淳子,津村秀樹,姫野弥栄奈,大熊あとよ,木原貴代子,嶋村良枝,高橋智子,山崎かおり,立松栄治,鈴木 豪,桑原和江,上野敦子,大西 聡,小林清香,井上敦子,西村勝治,志賀 剛,嶋田洋徳,鈴木伸一,石郷岡純,萩原誠久,笠貫 宏
第66回日本循環器心身医学会発表抄録集,  57 2009年
 
● 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善(7) ―再検査入院まで9ヵ月プログラム―  
松岡志帆,武井優子,市倉加奈子,橋本 塁,山本哲也,今井千鶴子,田上明日香,森本浩志,能野淳子,津村秀樹,姫野弥栄奈,大熊あとよ,木原貴代子,嶋村良枝,高橋智子,山崎かおり,立松栄治,鈴木 豪,桑原和江,上野敦子,大西 聡,小林清香,井上敦子,西村勝治,志賀 剛,嶋田洋徳,鈴木伸一,石郷岡純,萩原誠久,笠貫 宏
第66回日本循環器心身医学会発表抄録集,  58 2009年
 
● 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善(8) ―行動の維持に及ぼす要因の検討―  
武井優子,市倉加奈子,松岡志帆,橋本 塁,山本哲也,今井千鶴子,田上明日香,森本浩志,能野淳子,津村秀樹,姫野弥栄奈,大熊あとよ,木原貴代子,嶋村良枝,高橋智子,山崎かおり,立松栄治,鈴木 豪,桑原和江,上野敦子,大西 聡,小林清香,井上敦子,西村勝治,志賀 剛,嶋田洋徳,鈴木伸一,石郷岡純,萩原誠久,笠貫 宏
第66回日本循環器心身医学会発表抄録集,  59 2009年
 
● 認知的反すうが児童の適応状態に与える影響(2)−抑うつ傾向と不安障害傾向を指標として−
山本哲也, 五十嵐友里, 藤本志乃, 嶋田洋徳
日本行動医学会第14回学術総会抄録集,  73 2008年3月
 
● 認知的反すうが児童の適応状態に与える影響(1)−社会的スキルの遂行を指標として−
藤本志乃, 山本哲也, 五十嵐友里, 嶋田洋徳
日本行動医学会第14回学術総会抄録集,  72 2008年3月
 
● 認知的反すうが児童の適応状態に与える影響(3)−主観的学校不適応感を指標として−
五十嵐友里, 山本哲也, 藤本志乃, 嶋田洋徳
日本行動医学会第14回学術総会抄録集,  74 2008年3月
 
● 心理的柔軟性がネガティブなライフイベントに及ぼす緩和効果
山本哲也, 木下奈緒子, 嶋田洋徳
日本健康心理学会第21回大会発表論文集,  47 2008年9月
 
● 日本語版Acceptance and Action Questionnaire-II作成の試み
木下奈緒子, 山本哲也, 嶋田洋徳
日本健康心理学会第21回大会発表論文集,  46 2008年9月
 
● 中学生における反すう傾向が抑うつ症状と自動思考に及ぼす影響
山本哲也, 高橋 史, 高橋亜依, 嶋田洋徳
日本心理学会第72回大会,1AM014,  299 2008年
 
● 児童における認知的反すうが社会的スキルの習得および遂行に及ぼす影響
藤本志乃, 山本哲也, 五十嵐友里, 嶋田洋徳
日本心理学会第72回大会,3PM045,  1338 2008年
 
● 仕事の裁量度およびAcceptance-Based Copingがタスクパフォーマンスと主観的ストレスに及ぼす影響
木下奈緒子, 五十嵐友里, 津村秀樹, 山本哲也, 嶋田洋徳
日本心理学会第72回大会,  363 2008年
 
● 児童における出来事についての反復的な想起と抑うつ症状との関連
角 沙織, 姫野弥栄奈, 木村泰博, 五十嵐友里, 山本哲也, 嶋田洋徳
日本心理学会第72回大会,  335 2008年
 
● 反すう傾向が児童の不安症状に及ぼす影響
山本哲也, 五十嵐友里, 藤本志乃, 嶋田洋徳
日本教育心理学会第50回総会, PC1-47,  243 2008年
 
● 状況の解読の確信度が問題解決方略の案出に及ぼす影響
高橋亜依, 山本哲也, 高橋 史, 嶋田洋徳
日本教育心理学会第50回総会, PH1-35,  734 2008年
 
● 児童における対人反応選択と実行の一致度が不適応感に及ぼす影響
藤本志乃, 山本哲也, 五十嵐友里, 嶋田洋徳
日本教育心理学会第50回総会,PC1-46,  242 2008年
 
● 問題解決場面における自伝的記憶と抑うつとの関連
山本哲也, 木下奈緒子, 嶋田洋徳
日本行動療法学会第34回大会発表論文集, P4-42,  522-523 2008年
 
● 更生保護施設被保護者の認知的特徴に対する社会的スキル訓練の効果検討
野村和孝, 山本哲也, 角 沙織, 嶋田洋徳
日本行動療法学会第34回大会発表論文集, P1-17,  176-177 2008年
 
● 中学生における自動思考が問題解決方略の案出内容に及ぼす影響
高橋亜依, 山本哲也, 高橋 史, 嶋田洋徳
日本行動療法学会第34回大会発表論文集, P4-11,  460-461 2008年
 
● 解決策の効果検証訓練による問題解決プロセスの改善効果
高橋 史, 山本哲也, 嶋田洋徳
日本行動療法学会第34回大会発表論文集, P1-12,  166-167 2008年
 
● 児童期の不安症状と対人場面における認知の誤りの関連
松尾真裕子, 山本哲也, 藤本志乃, 嶋田洋徳、 三浦正江
日本行動療法学会第34回大会発表論文集, P2-39,  320-321 2008年
 
● Acceptance-Based Copingが主観的コントロール感およびタスクパフォーマンスに及ぼす影響
木下奈緒子, 丹野 恵、 久保絢子, 五十嵐友里, 津村秀樹, 山本哲也, 嶋田洋徳
日本行動療法学会第34回大会発表論文集, P3-28,  394-395 2008年
 
● 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善の試み(5) ―プログラムに影響を及ぼす要因の検討―
山本哲也,橋本塁,武井優子,今井千鶴子,田上明日香,森本浩志,能野淳子,津村秀樹,姫野弥栄奈,大熊 あとよ,木原 貴代子,高田 志帆,嶋村 良枝,高橋 智子,山崎かおり,立松 栄治,鈴木 豪,桑原 和江,上野 敦子,大西 聡,小林 清香,井上 敦子,西村 勝治,志賀 剛 ,嶋田 洋徳 ,鈴木 伸一,石郷岡純,萩原誠久,笠貫 宏
第65回日本循環器心身医学会発表抄録集,  87 2008年
 
● 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善の試み(4) ―プログラムの短縮化と生活習慣の維持に焦点を当てて―
橋本 塁,山本哲也,武井優子,今井千鶴子,田上明日香,森本浩志,能野淳子,津村秀樹,姫野弥栄奈,大熊あとよ,木原貴代子,高田志帆,嶋村良枝,高橋智子,山崎かおり,立松栄治,鈴木 豪,桑原和江,上野敦子,大西 聡,小林清香,井上敦子,西村勝治,志賀 剛,嶋田洋徳,鈴木伸一,石郷岡純,萩原誠久,笠貫 宏
第65回日本循環器心身医学会発表抄録集   86 2008年
 
● 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善(3) ―面接時間の短縮に焦点を当てて―
武井優子,橋本 塁,山本哲也,今井千鶴子,田上明日香,森本浩志,能野淳子,津村秀樹,姫野弥栄奈,大熊あとよ,木原貴代子,高田志帆,嶋村良枝,高橋智子,山崎かおり,立松栄治,鈴木 豪,桑原和江,上野敦子,大西 聡,小林清香,井上敦子,西村勝治,志賀 剛,嶋田洋徳,鈴木伸一,石郷岡純,萩原誠久,笠貫 宏 
第65回日本循環器心身医学会発表抄録集,  85 2008年
 
● 笑顔がネガティブな感情の緩和・表出抑制に及ぼす効果
山本哲也, 杉森伸吉, 嶋田洋徳
日本教育心理学会第49回総会発表論文集,  395 2007年
 
● ネガティブ感情喚起時に笑顔が連想内容の改善に及ぼす効果
山本哲也, 杉森伸吉, 嶋田洋徳
日本心理学会第71回大会発表論文集,  321 2007年
 
● 笑顔が感情的側面・認知的側面に及ぼす影響 −ネガティブな感情の喚起状況において−
山本哲也, 杉森伸吉, 嶋田洋徳
日本行動療法学会第33回大会発表論文集,   316-317 2007年
 
● アロマセラピーが心臓カテーテル検査を受ける患者の心理・身体面に与える影響について
姜 文子, 重松浩子, 内田吉枝, 森 文章, 大熊あとよ, 須田静子, 山田辰一, 立田顕久, 横田靖夫, 尾崎直美, 石井智子, 青木智加, 佐藤裕子,室矢明日香, 木原貴代子, 中塚礼子, 佐藤千佳, 竹林裕子,須賀和恵, 鈴木厚子, 姫野弥栄奈, 今井千鶴子, 津村秀樹, 森本浩志, 田上明日香, 能野淳子,山本哲也, 橋本 塁, 武井優子, 桑原和江, 大森久子, 志賀 剛, 鶴見由起夫, 川野良子, 嶋田洋徳, 鈴木伸一, 笠貫 宏
第64回日本循環器心身医学会抄録集,  58 2007年
 
● 健常者における音楽療法CD聴取プログラムの心理テストと自律神経活動度の評価
堀川千絵, 久松春子, 林雅道, 木原貴代子, 大熊あとよ, 高橋智子,海老澤睦, 立田顕久, 山田辰一, 桑原和江, 小林清香, 井上敦子, 西村勝治, 姫野弥栄奈, 今井千鶴子, 森本浩志, 津村秀樹, 田上明日香, 能野淳子, 山本哲也, 橋本 塁, 武井優子, 大森久子, 志賀 剛, 鈴木伸一, 塩谷百合子, 笠貫 宏
第64回日本循環器心身医学会抄録集,  46 2007年
 
● 認知行動療法を用いた生活習慣改善の試み―虚血性心疾患患者を対象として―
森本浩志, 田上明日香, 姫野弥栄奈, 今井千鶴子, 橋本 塁, 山本哲也, 津村秀樹, 能野淳子, 大熊あとよ, 木原貴代子, 高田志帆, 嶋村良枝, 高橋智子, 立松栄治, 鈴木豪, 桑原和江, 上野敦子, 大西 聡, 小林清香, 井上敦子, 西村勝治, 志賀 剛, 嶋田洋徳, 鈴木伸一, 笠貫 宏
第64回日本循環器心身医学会抄録集,  52 2007年
 
● 虚血性心疾患患者を対象とする認知行動療法プログラムを用いた生活習慣改善の試み―第2報―
田上明日香, 森本浩志, 姫野弥栄奈, 今井千鶴子, 橋本 塁, 山本哲也, 津村秀樹, 能野淳子, 大熊あとよ, 木原貴代子, 高田志帆, 嶋村良枝, 高橋智子, 立松栄治, 鈴木 豪, 桑原和江, 上野敦子, 大西 聡, 小林清香, 井上敦子, 西村勝治, 志賀 剛, 嶋田洋徳, 鈴木伸一, 笠貫 宏
第2回生活習慣病認知行動療法研究会  2007年11月
 
 
 
その他の発表・成果などはこちらから
 
研究に関するお問い合わせはこちらから
 
 
 
 

Copyright © 2019 Tetsuya Yamamoto All rights reserved.